【オトナのコナアソビ】ミモザ(山田美奈)

パンやお菓子の材料、

「小麦粉」にまつわる興味深い話や情報を

山田美奈の視点でワールドワイドにお伝えしていきます。

まるで飛行機で世界を旅するように・・・

パンとお菓子の旅にお連れします。


さて、その6回目。

3月になりました。


本格的に暖かくなるには時間がかかりそうですが、

少しずつ春の行事が増えてきますね。

そんな3月8日はイタリアでは

FESTA DELLA NONNA(フェスタ デラ ノンナ)といい

女性のための日。


日本で同じような日を例に例えると、母の日?が一番近いでしょうか?

日本で母の日にカーネーションをプレゼントするように、

ミモザの花をプレゼントするようですよ!

私も偶然にも仕事でミラノに滞在中、

道行く人男性がミモザを持っているのを不思議に思い

聞いて、初めて知りました。

その頃はもちろん本当にミモザの花の季節でもあるわけですが、

街のカフェやケーキ屋さんにもミモザのケーキが並びます。


ケーキはというと角切りにしたスポンジを貼り付けて

ミモザの花に見立て形作ったもの。

大型のケーキも小さく仕上げたケーキも

丸くドーム状に仕上げたものが多いようです。

中身はクリームチーズのような酸味のあるチーズを使ったムースのようなもので、

さっぱりといただけ大きさがあってもペロリと食べられてしまう

危険なケーキでもあります。


イタリアでは形を少し変えて、

今では1年中ケーキ屋さんのショーケースにありますが

シーズンになると前面にでてきて脚光をあびるというのは、

日本で同じ時期いただく桜餅と同じ。


今年はお部屋に桃の花でなくミモザを飾り、

ミモザのケーキをいただくのも

ちょっと素敵なお茶の時間になるかもしれませんね。

0コメント

  • 1000 / 1000