【オトナのコナアソビ】ガレット・デ・ロアとフェーブ(山田美奈)

パンやお菓子の材料、

「小麦粉」にまつわる興味深い話や情報を

山田美奈の視点でワールドワイドにお伝えしていきます。

まるで飛行機で世界を旅するように・・・

パンとお菓子の旅にお連れします。


さて、その4回目。

「ガレット・デ・ロアとフェーブ」です。


ヨーロッパの1月はクリスマスの飾りはそのまま、

個人的には街は静かなイメージ(お店もあまりやってなくて退屈~(笑)

年始は特に行事はないですが、6日(もしくはその後の日曜日)には

エピファニー(公現節)がありカトリック教会の祭日です。


詳しくは長くなるのですが、クリスマスからこの日までは十二夜と呼ばれ、

「ガレット・デ・ロア」というパイ生地に

アーモンドクリームをいれて焼きあげたお菓子をいただきます。

パイ生地とアーモンドクリームという超シンプルなお菓子ですが

中には「フェーブ」という小さな陶器の人形が入っています。

昔はそらまめだったそうで、だからフェーブ!なんですよ。


人形といっても形もお値段も様々で本当にリーズナブルなものから、

コレクターズアイテムまで!


フランスの有名メゾンも毎年出していて、それぞれ個性を競っていて目移りしちゃいます。

こちらは数年前のラデュレのもの。

色合いもデザインも可愛い♪


コラムをお読みの方も、

召し上がったガレット・デ・ロアにただひとつ入っているフェーブが入っていれば・・・

その日は王様になれるそうですよ!

紙製の専用の王冠も存在します~


あ、その王冠、もちろん私も持っております。


もしもフェーブが当たったら、私にお申し出くださいね~

上はコルドンブルー時代に授業で焼いた、懐かしいガレットの写真。

通常は丸ですが、こちらはお花形仕上げ。

実はパイ生地は得意な方で、これはトレビアンをもらえた記念すべき一品。

0コメント

  • 1000 / 1000